廃車専門業者が直接買取。だから高く買取ります!!古いクルマ・水没車・事故車・ディーゼル車・壊れた車、ボロボロの車もどんどん買い取るぜ!

日本の車検制度の必要性について

なぜ、車検は必要なのか

自動車はとても便利で、今や私達の生活に欠かせないものです。一方で「走る凶器」と比喩されるように、1tを超える鉄の塊が100km以上のスピードを出して走行することができるその性能は、一歩間違えば命を脅かす存在となりかねません。そのため、様々な“決まり事”を定めることで自動車社会の安全が保たれているのです。その中で私達の一番身近なものとして、「運転免許制度」があります。車を運転するドライバーは、自動車を運転するための資格である自動車運転免許を取得し、交通ルールを守って運転しなければなりません。また、それと同じように、自動車も道路を安全走るために様々な検査をクリアしなければなりません。それを決めているものの1つが「車検」というわけです。
車検制度とは、普通車では新車であれば購入した3年後に初回、それ以降は2年毎に1度、安全な道路の走行の可能を定める道路運送車両法の保安基準を満たしているかどうか検査することを義務付けたものです。自動車は3万点とも5万点とも言われる部品からできている精密機械のため、自動車の中身に関しては専門の知識を持った人間でなければ細かい不具合や消耗の具合まではなかなか把握しきれません。
むしろ、自動車の部品の中には法律によって特定の認証を持った整備工場でなければ分解してはいけないようなものも沢山あります。そういった意味でも専門機関で車の検査を受けることはとても大切なことなのです。
車検を通すところは、車を購入したお店、いわゆるディーラーが一般的ですが、その他の自動車整備工場でも受けることができます。さらに、大型のカー用品店に併設されている整備場や、最近はガソリンスタンドや、ユーザー車検・ユーザー車検代行などでも車検を受けられるところが増えてきています。
大きな違いは、ディーラーのような指定整備工場の民間車検場や、指定整備工場認証整備工場は管轄の運輸局から認証を得ていますので、ブレーキの調整だけではなくブレーキパッド交換等の分解整備も可能となります。一方で認証を持っていない整備工場では分解整備は法律で禁じられています。そのくらい日本の車検制度は国の方針によって安全を重視されているので車検によって自動車の定期的なメンテナンスを行うことにより、自動車の寿命は確実に長くなります。また、不慮の事故や故障などトラブルを未然に防ぐことにも繋がることから、車検制度の重要性が理解できるのではないでしょうか。

世界の様々な車検制度

ところで、この車検制度ですが、世界に目を向けたとき、各国ではどのように車検を行っているのかご存知でしょうか。驚いたことに、車検を行っているのは日本くらいだと認識している人が意外に多いようですが、実際はそんなことはありません。
まず、ドイツの車検制度に関しては日本と同じで、最初の車検のみが購入から3年後、その後は2年毎にあります。また、フランスも同じように2年サイクルで車検がありますが、購入してから最初の車検が4年後となっています。イギリスでは新車購入から3年後に初回の車検を通したあとは、その後、毎年車検を受ける制度となっています。さらに、アメリカのニューヨーク州に至っては車を買って1年後から、毎年車検を受けることが義務付けられています。
このように、検査のサイクルに違いはあるものの、先進国のほとんどは何らかの形での法で定められた定期的な車の点検というものが存在しているのです。

日本の車検費用は高い?

日本の車検制度について、「費用が高すぎる」という声をよく聞きます。確かに、車検の費用は決して安くないというイメージがあります。「海外では何千円で済むらしい」という情報だけが飛び交い、日本の車検だけが高額のように思われがちです。しかし、これには少し誤解も混ざっているようです。
実は車検でかかっている費用の半分以上は税金と保険だということをご存知でしょうか。日本では車検の際に重量税や自賠責保険をまとめて支払っているのです。これが車検の費用明細の合計金額を大きくしている一番の原因なのです。車検の費用が高いのではなく税金が高いのです。
また、整備費用に関しても同じことが言えます。普段のメンテナンスによって差が出てくるのです。例えば、前の車検から2年間、ほとんど何もメンテナンスをしていなければ、結果的に整備費用も増えます。しかしそれは2年分の整備をまとめて行うということですから、車検時に必要な整備項目が増えることは当然なのです。
ですから、定期的に自主的にメンテナンスを行っていれば、特別大きな不具合が見つかりそれを修理しなければならないような状況にない限り、実際の整備や修理にかかる費用というものはそれほど高額にはならないのです。車検の検査手数料にいたっては1,500ccまでの自家用自動車であれば1,400円ですし2,000cc以上の自動車でも2,000円以下です。とても高額と言える金額ではありませんね。
とはいえ、税金にしろメンテナンス費用にしろ、結局、車を所持する限り私達にそれらを支払う義務があることに変わりありません。そういった意味で自動車に乗るということは安易ではないということを心に留めて置く必要があるのではないでしょうか。
お電話でもお気軽にお問い合わせください。0120-681-814 受付時間10:00〜18:00
お車を買い取りし、更に面倒な手続きも全部代行致します!! 無料査定を依頼する

高価買取りには理由があります!!

初めての方もご自宅でらくらく!